2008年03月30日

ワインの残留農薬の検証結果に関して

先日、フランスのMDRGF(次世代の権利と尊厳のための運動を行っている協会)から、PAN-Europe(ヨーロッパ農薬訴訟ネットワーク)が、ヨーロッパ及び世界中のワインを対象とした検査結果を公表し、残留農薬によるワインの蔓延した汚染実態を告発したとの知らせがありました。その概要は以下の通りです。

この研究は、フランスのMDRGF、オーストリアのGlobal 2000、そしてドイツのグリーンピースの援助を受けPAN-Europeが行ったもので、フランス、オーストリア、ドイツ、イタリア、ポルトガル、南アフリカそしてチリ産の赤ワイン40本(内34本は集約的農薬農法によるもので、6本が有機農法)を検査したもの。その結果は…
続きを読む
posted by ケイコ&マイカ at 08:38 | Comment(83) | TrackBack(0) | 自然派で乾杯!

2008年03月08日

CON!TRES CON!ど阿呆!

知り合いのワイン生産者からメールがきた。
それによると、2月13日に出された判決によると、今後インターネット上でのワインに関する広告が禁止だと言うのである。
理由はと言うと、1991年に出されたEvin法によって許可された報道媒体にインターネットが含まれていない、ということ。
当たり前じゃない、当時フランスではまだインターネットが普及していなかったのだから!
と言っても、ひっかかるというのが「おフランス」。

CON!(阿呆!)
posted by ケイコ&マイカ at 02:00 | Comment(35) | TrackBack(0) | 徒然紀行

2008年03月06日

そろそろMixiを辞め頃?

それともあくまで徹底抗戦(今日、「その時 歴史が動いた▽北越の蒼龍“明治”に屈せず〜河井継之助 地方自立への闘い」を観たばかりです)!!!
とにかくMixiには絶対に版権を譲ったりはしませんよ!

恥を知りなさい、恥を!!!

日本での著作権などの権利に関する認識の甘さは見るに耐えないものがあります。


posted by ケイコ&マイカ at 07:25 | Comment(44) | TrackBack(0) | 徒然紀行

2008年03月04日

たった5年!?

昨日、フランスの国営放送のニュースで、市販のCD-Rの30〜40%(?)の寿命が実は5年位しかない、と報道していました。
原因は表面加工に用いている薬品とか…。
でもこれって、本当?
ちょっとヤバいですよ!
posted by ケイコ&マイカ at 08:07 | Comment(31) | TrackBack(0) | 徒然紀行

2008年03月02日

日本酒が日本酒でなくなる時

私達が色々とお世話になっている古酒で有名な達磨正宗さんに、ネパール人のお客様がいらっしゃった話を、ブログで知りました。
達磨正宗の名が知れ渡ってきたということで、とても嬉しいのですが、同時に一抹の不安が…。
そのネパールの方は、祖国に「日本酒」の蔵を建てられるらしいのです。

う〜ん、どんなものでしょうかねぇ。
外国で作られたものに日本酒の名がつくのは(すでにかなりありますけど…)。

私達は反対です。

日本酒醸造組合がもっとしっかりして、「日本酒」の名前を大事に保護し、日本以外で醸造されたお酒に関しては「日本酒風醸造酒」は認めても「日本酒」の使用を許可すべきではないと思います。
シャンパン以外で造ったものをシャンパン風醸造法とは表記できてもシャンパンと表記出来ないのと同じです。

表記法には直接関係ありませんが、空手はすでに「テコンドー」として韓国に取られ、今では剣道も危ないという状況。
日本酒が日本酒でなくなる日が絶対に来ないようにするためにも、日本は、尖閣諸島だけではなく、もっともっと多くのものを世界に主張する必要があると思うのですが、どうでしょうか。
posted by ケイコ&マイカ at 10:32 | Comment(45) | TrackBack(0) | 徒然紀行