2007年02月02日

プチ ポワソン、ボー ポワソン!

木曜の朝なのに、8時半に電話が鳴り、「アロー」と出ると
ニースの市場の魚屋からだった。
「今朝、プチ ポワソン、ボー ポワソン!が入ったが、
コム ブー ブレ!」と、言う。

このところ連ちゃんの徹夜で、未だ頭は寝ていたが、
「小さな魚と生きのよい魚がある、あなたのお好きに」と、
言われたようだが、「早く買いに来て!」って、言われて
いる事だけは分かった。
こうゆう時のマイカの対応は素早い。
もう出かける体制が出来ている。

私は突如の電話で、素足のままサロンまで駆けつけ、
電話応対したせいか、胃が気持ちが悪く、動く気がしないで、
ぐずぐずしていると、マイカにせかされた。
「どうするの!」って、言われたって、行くしか無いのは
習慣で分かっているけど、体が言う事きかない。

市場に着くと、生シラスと大きな鯵が目に留まった。
魚屋は鯵を指差し、今朝上がったと言う。
目の生きがすこぶる良いのが分かる。
4本を選び、私達のもっと欲しそうな気配を感じとってか、
魚屋は5本目を入れた。
5匹で3000g、ってことは、1匹当たり600gもある
大物である。
今夜は鯵のたたきとおさしみかな。しかし高いな〜。
1kg、12ユーロ。旬の頃の2倍の価格にビビっていると、
1キロ、10ユーロに値引きしてくれると言う。

生シラスをたのむと、店の棚に出ているものではなく、
下からおもむろに1ケース、新しいのを取り出した。
100g、6ユーロと言う。
タッパーを2個用意して行き、満たしてもらった。
タッパーの容量を差し引いて、1300g!ってことは…。
つかの間の春先?の贅沢である。
これもまけてくれ6ユーロが5ユーロの計算になっても、
これだけ買うと、今日の持ち金では足りず、次回まで借金だ。

生シラスは磯の香りがして、美味!、勿論生でいただいた。
お醤油を掛けなくっても美味しい!のが凄い。
鯵のたたきは脂がのり、身がしまりとても美味しかった。

フランス語で、生シラスを:プーチンヌ、
          鯵を:セブロ、と呼んでいる。
posted by ケイコ&マイカ at 06:23 | Comment(7) | TrackBack(2) | やっぱり和食!お酒で乾杯!
この記事へのコメント
こんばんは!ヴェンティミリアの漁師の件ですが全然知らないんですよね。ごめんなさい。ひょっとしたらニースにkeisuke matsushimaという一つ星のレストランがあるでしょ。一年程そこで働いていたのですが、シェフはいつもヴェンティミリアに仕入れに行ってるので知ってるかも知れませんよ。ヴェンティミリアにガンベローニという海老があるのを知ってますか?高いですけどむちゃうまです。あとニースではプチンヌをオムレツやベニエにして食べます。100g6ユーロですか・・僕がニースにいた頃は4ユーロでした少しづつ上がってますね。
Posted by matchan at 2007年02月04日 02:17
matchan、
情報、ありがとう。
ガンベローニは美味しいですよね。
特にサンレモで上がるものが際立って映えた赤で有名で、ガンベローニ ロッシ ディ サンレモの名前で知られています。
私達は、サンレモのパオロ エ バルバラでよく食べさせてもらいます。
ただ去年の暮れ、何でも高いクリスマスの時期に、1キロ150ユーロもした、ってパオロとバルバラが怒っていました。
そうそう、怒ると言えば、私達の友人にイタリア人の超美食家で名の知れ渡った人がいるのですが、まだ名前がK's Passionの頃に行ったら、サンレモのガンベローニでないガンベローニを「サンレモのガンベローニだ」と言って、このイタリア人の俺に出した、とカンカンに怒ってましたっけ。
恵介君は星を取る前からとても忙しく飛び歩いていてお店にあまりいないから、私達は一度しか行ったことがありません。
その頃、まっちゃん、いたのかなぁ。

ところで、今朝ニースの中華食材店で、フィンランド産の冷凍甘エビ(箱に日本語で甘エビと入っているから、横流し品かもね)を買ってきました。
今晩はガンベローニの代わりに、これでお刺身です。

ニースではプーチンヌをオムレツに入れるのが一般的ですが、漁師は生で食べてますよ。
踊り食いかもね(ウラヤマシイ!)
ベニエは、ナポリのものが圧倒的に美味しかった!
油(オリーブ油)の違いかもしれません。
Posted by keiko at 2007年02月04日 08:15
シェフはヴァンチミリアの市場でガンベローニを買ってきていますよ、僕は正確の値段は知りませんがひどい時は70ユーロぐらいは払っているようです!!
領収書には、サンレモと書いてあってモナコのルイキャーンズのシェフと取り合いしています。たまに僕も付いて行きますが、それがシェフには楽しいみたいです(笑)
ま、でもサンレモ産でないならしょうがないです、僕らが魚屋さんに騙されてるんですね?
美食家さんが正しいでしょう!?
もしくはサービスマンが他の食材を間違って発言したか・・・
でも、そう言うのはお店をチェックしてから言うべきだと思いますよ!!
シェフはミシュランの編集長からもチェック受けたし・・・そんなことするなんてありえないですけどね〜〜

大体フランスはメニューの材料表記にうるさいし、僕らは特に気をつけています。

敬子さんたちは、お店に出入りしているのにそういう事を聞いていて何も言わないでブログにのせるのは失礼じゃないでしょうか?

シェフが何かしたのなら別ですが・・・
普通にワインのお取引させている間柄なのに正直失望です!!
かなりのワイン引き取らせてもらってるのに・・・

それからお店にいないとはどう言う事を言ってるのでしょうか?
平日そちらのワインを届けに来るときは必ずお会いになっていますよね、シェフとは
僕の記憶では毎回お会いしていますよね?

いないだなんてよく言えますね、何を根拠に言ってるのでしょうか?

え、お店リニューアルして食事にだって来たことないじゃないですか、良くそんなこと言えますね?毎度配達時のシェフがいないからですか?

シェフは日曜日はもちろんいませんよ
それから出張のときもいませんが、僕らは皆で力合わせてシェフの指示通り頑張っています。

知り合いなのに、何かあればシェフに直接言うほうが良いのではないでしょうか?ワインを買ってもらっている関係なのに・・・ショックです、人間性を疑います
Posted by スタッフ at 2008年03月30日 03:50
私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 モンラッシェに乾杯!自然派で乾杯! . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
Posted by website design vancouver at 2012年03月05日 13:07
私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 モンラッシェに乾杯!自然派で乾杯! . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
Posted by seo vancouver at 2012年03月22日 18:55
モンラッシェに乾杯!自然派で乾杯! 私が探していたものです。情報をありがとうございました。
Posted by vancouver web design at 2012年03月24日 05:33
プチ ポワソン、ボー ポワソン!: モンラッシェに乾杯!自然派で乾杯!
lelckpzfzx http://www.g3jk2yz52l1937119l1rz3ydtd6ay9n4s.org/
[url=http://www.g3jk2yz52l1937119l1rz3ydtd6ay9n4s.org/]ulelckpzfzx[/url]
alelckpzfzx
Posted by lelckpzfzx at 2014年04月20日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3269800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

プチ ポワソン、ボー ポワソン!
Excerpt: 木曜の朝なのに、8時半に電話が鳴り、「アロー」と出るとニースの市場の魚屋からだった。「今朝、プチ ポワソン、ボー ポワソン!が入ったが、コム ブー ブレ!」と、言う。このところ連ちゃんの徹夜で、未だ頭..
Weblog: 欧州、撮影後に「乾ぱ〜い!」、最高!!
Tracked: 2007-02-02 06:31

プチ ポワソン、ボー ポワソン!
Excerpt: 木曜の朝なのに、8時半に電話が鳴り、「アロー」と出ると ニースの市場の魚屋からだった。 「今朝、プチ ポワソン、ボー ポワソン!が入ったが、 コム ブー ブレ!」と、言う。 このところ連ち..
Weblog: 欧州、PHOTOフォトFOTOで「乾ぱーい!」
Tracked: 2007-02-02 06:34