2007年02月04日

女酒

夕食の用意をする時、何か無いと寂しい。
時には昨日の残り酒であったり、マイカにねだって新しいボトルを開けてもらったりする。
夕食の用意が出来、マイカを呼ぶと…、もうこんなに飲んじゃったの!となじられる事が度々。
美味しいお酒は当たり前だが、ピッチが早い。

日本では女酒と言うと、女の人が調理中に台所の片隅で、味醂を隠れ飲みすること、って聞いた事がある。
味醂も本物は本当に旨い。
しかし此処はフランス。
日本から手持ちした美味しい味醂は、貴重品で女酒には勿体ない。
よく市販されている味醂風味は、味醂じゃない。
女酒は旨くなくては、料理も弾みがつかず、美味しい料理が出来ない!って勝手に思い込んでいる。
たんなる飲んべい!かな?

ここのところの女酒の当りものは、
トスカーナ La Busattina  2003年 Ciliegiolo
その名の通り、チェリー、さくらんぼの味がして、ファンタジーで、乙女心?をくすぐる感じだ。もちろん自然派。

ピエモンテ Viglione 2004年 Barbera d'Alba
葡萄の味がそのままワインになった感じで、自然派のワインはこうでなくっちゃ!体の中に無抵抗で流れ込んでくる。
ってことは…、アッという間に1本がなくなる。

でもこの2本、日本で見つかるかな〜?
イタリアのここだったら、絶対に見つかるよ〜!!!

ボトルの写真はこちらで見てね。
posted by ケイコ&マイカ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 自然派で乾杯!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3282498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

女酒
Excerpt: 夕食の用意をする時、何か無いと寂しい。 時には昨日の残り酒であったり、 マイカにねだって新しいボトルを開けてもらったりする。 夕食の用意が出来、マイカを呼ぶと…、 もうこんなに飲んじゃったの!..
Weblog: 欧州、PHOTOフォトFOTOで「乾ぱーい!」
Tracked: 2007-02-04 08:39

女酒
Excerpt: 夕食の用意をする時、何か無いと寂しい。時には昨日の残り酒であったり、マイカにねだって新しいボトルを開けてもらったりする。夕食の用意が出来、マイカを呼ぶと…、もうこんなに飲んじゃったの!と..
Weblog: 欧州、撮影後に「乾ぱ〜い!」、最高!!
Tracked: 2007-02-04 08:47