2007年02月08日

Paolo & Barbara(01)

サンレモのレストラン「パオロ&バルバラ」に通い始めて、かれこれ数年になります。
きっかけは、モナコのオテル・ドゥ・パリにあるSBM(カジノやホテル、レストランを運営する会社)のカヴ・サントゥラル(アラン デュッカスのレストラン、ルイ15世のワインもここで管理)の頭を勤める友人が、私達の家に食事に来た時に、
「イタリアだって生魚は食べれるんだ、旨いぞ〜!」
と、言った一言。
元々イタリアでは生魚を食べる習慣があったそうなのですが、フランス料理の風潮に押されて、「生魚を食べるのは野蛮」と言わんばかりに、長い間闇に葬られていたのだそうです。
ところが、日本のお寿司やお刺身の世界的な人気につられ、
「一度フランス料理風に死にかけていたお魚が生き返った!」
らしいのです。
それでも半信半疑だったのですが、「それじゃ、一緒に食べに行こう!」ということになり、連れて行ってもらったのが「パオロ&バルバラ」のレストランでした。
そこで、お薦めの生魚メニューを頼んでみると…。
あらら〜!
これが、素晴らしく美味しいのです。
鯵や鯛、イカ、ウニ、鰹のたたき、鮪の大トロ等々、お醤油ではなく基本的にオリーブオイルの味付けなのですが、いける、いける!(時々、私達用にお醤油とワサビでだしてくれることもあります。)

シェフ、パオロの料理の特徴は、海のご機嫌次第のメニュー。
基本的に、その日に捕れたお魚で内容が決まるので、海が荒れると生魚はもちろんのこと、
「食べるもの、何もないよ。」
と言われることだって、あります。
毎日が天にお祈り、神頼み(彼らも私達も!)。

続く
posted by ケイコ&マイカ at 03:06 | Comment(4) | TrackBack(2) | 喰処
この記事へのコメント
ヨーロッパでお刺身って
最初は不思議な感じがしました。
でも お魚は豊富ですし、テレビでも
市場みたいなとこで 生きのよさそうなのが
並んでますものね。

オリーブオイルのお刺身。
一度 味わってみたいな♪

ところで・・・。
「梅醤番茶」初めて作ってみました。
教えてくださったとおり その後は熱燗で^^
すっかり、よくなりました!
今週末は 山猿さん&しゅーちゃんの
誕生会です。
体調が良くなって良かったです。
この方法はいいですね!
ありがとうございました。
Posted by ゆきは at 2007年02月08日 22:44
ゆきはさんへ、

オリーブオイルのお刺身、って柑橘系のほのかな香りと、穏やかな酸味が合わさり、パオロならではの、すこぶる魅力的な味です。
特に鯵なんか、最高!!!です。
今こちらでは鯵に脂が乗っていますので、美味しいのではと思います。

先週、鯵でなめろうを作りましたが、
もうと〜ろ、とろ〜!
で、すこぶる美味しい「鯵のなめろう」が、出来ました。
ショウガ、葱、紫蘇(今年は暖冬のせいか、未だに青紫蘇が庭で採れます。その根元では赤ちゃん紫蘇が芽を出してますが…笑!)それにお味噌。30分以上叩きました。

風邪が治って安心致しました。
「梅醤番茶」は体調が回復してくると、自然と
欲しくなくなるんですよね。不思議!

元気で誕生会に参加出来るって、
本当に羨ましい限りです。
美味しいお酒、又みんなで飲みたいです。
フランスから、エールを送ります。

お誕生日、おめでとう!
Posted by keiko at 2007年02月09日 05:10
お誕生日会、当事者のしゅーです(^_^;)
ありがとうございます。

本題とははずれるけど、今日、ゆきはとランチして、フランス行きたいねぇ〜
って、めちゃ話しました。

でも、すごいよね!
とーく、離れてるけどこうやって、すぐ側に入るような感覚でお話しできるし…

まじ、keiko & maika とこうやってお話しできることに感動してます(^0^)

Posted by しゅー at 2007年02月10日 01:08
しゅーちゃんへ、

明日のお誕生会はにぎやかでしょうね。
素敵な日になりますように!

私達も遠くのお友達が身近にいて、幸せです。
Posted by keiko at 2007年02月11日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3310856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

Paolo & Barbara(01)
Excerpt: サンレモのレストラン「パオロ&バルバラ」に通い始めて、 かれこれ数年になります。 きっかけは、モナコのオテル・ドゥ・パリにあるSBM (カジノやホテル、レストランを運営する会社)の カヴ・サン..
Weblog: 欧州、PHOTOフォトFOTOで「乾ぱーい!」
Tracked: 2007-02-08 03:16

Paolo&Barbara(01)
Excerpt: サンレモのレストラン「パオロ&バルバラ」に通い始めて、かれこれ数年になります。きっかけは、モナコのオテル・ドゥ・パリにあるSBM(カジノやホテル、レストランを運営する会社)のカヴ・サントゥラル(アラン..
Weblog: 欧州、撮影後に「乾ぱ〜い!」、最高!!
Tracked: 2007-02-08 03:29