2007年02月10日

Paolo & Barbara(02)

前回のお話の通り、パオロ&バルバラの生魚料理は素敵です。
でもぉぉぉ…、あぁぁ…、足らないよぉ〜!
「イタリア料理ではメインではないから。」
と言う彼らに、確かに利はあります。
でも、私達はやっぱり日本人(特にマイカ!)。
イタリア人と違って、生魚だけだって満足してしまうんですけどね、量さえあれば、量さえ!
と言うことで、私達がパオロ&バルバラのところでよく食べるのは、実はパスタなのです(これって、ミシュランの一つ星のレストランでの滅茶苦茶な贅沢や!!!)。
それも一皿のパスタじゃなくて、パスタのコース料理。
お腹の好き具合で三皿か四皿なのだけど、四皿食べると大体後で動けなくなる。
でも、分かっていても、食べてしまうのですね、ついつい…。
何故って、美味しいの一言だから!
幾ら食べても飽きないのです。
パスタはラビオリ類は自製で他は乾麺、と言ってもそんじょそこらで売っているものとは違い、昔小麦の前に使っていた麦製のパスタとか色々。
具は魚介類や乳製品に、山の彼らの畑で穫れた自家製無農薬野菜や香辛料を合わせ調理したもの(これでは不味いはずがない)。
ちなみに、そこではなんと葡萄やオリーブも育てていて(醸造や圧搾は専門家に頼んでいます)、まぁ、小っちゃいけれど自然食品王国を作っているのです。
結局のところ、パオロ&バルバラのところであれば、美味しいだけではなく、全く安心なわけ。
おまけに…

続く
posted by ケイコ&マイカ at 10:05 | Comment(2) | TrackBack(2) | 喰処
この記事へのコメント
どうもー!パオロ&バルバラに一度行ったことありますけど、素晴らしいのひとことでした。アミューズに生のガンベローニの雲丹和えが出てきて感動でした。これが出てきた瞬間このレストランは期待を裏切らないと思いました。クリエイティブな料理で何回でも通いたいレストランです。魚料理も素晴らしいのですが、もう一つ感動したものがデザートのミルフィーユで、サクサクで軽いんです。スプーンだけで食べられるんです。今度行ったら食べてみてください(もう知ってるかもしれませんけど)
Posted by matchan at 2007年02月11日 02:02
matchanへ、

ミルフィーユはマイカの大好物です!
Posted by keiko at 2007年02月12日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3321151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

Paolo&Barbara(02)
Excerpt: 前回のお話の通り、パオロ&バルバラの生魚料理は素敵です。でもぉぉぉ…、あぁぁ…、足らないよぉ〜!「イタリア料理ではメインではないから。」と言う彼らに、確かに利はあります。で..
Weblog: 欧州、撮影後に「乾ぱ〜い!」、最高!!
Tracked: 2007-02-10 17:54

Paolo & Barbara(02)
Excerpt: 前回のお話の通り、パオロ&バルバラの生魚料理は素敵です。 でもぉぉぉ…、あぁぁ…、足らないよぉ〜! 「イタリア料理ではメインではないから。」 と言う彼らに、確かに利はあります。 でも、私達はや..
Weblog: 欧州、PHOTOフォトFOTOで「乾ぱーい!」
Tracked: 2007-02-10 17:55