2007年03月17日

男の中の男の料理(3)

ニンニクを皮ごと岩のかけらでバッシ、と潰し、鍋にいれる。
切ると、旨くない!と一言。
自家製のオリーブ油をたんまりと、なみなみ(かな?)といれ、今まで用意した材料を炒め始めた。
2等分された蟹の頭が4個も入った。
そして、その大きな手にくぼみを作り、これが一人分の量、と言って米を計り、鍋に入れて行く。
今日は何人で食べるの?
と、初めて本日のパーティーの人数を聞くと、4人!
との答えが返って来た。
エッ、4人???
keiko & maikaに、Diego & Nuria夫婦。
この量で、嘘…?
4杯で終わりかと思いきや、誰か突然のお客の為にともう1杯追加した。

蟹足を茹でたお湯をだし汁として鍋に注ぎながら、Diegoの説明は続く。

蟹の頭は食べても旨いが、基本的に出汁を取る為のもの。
米が出来上がれば、米の中に蟹の旨味は全部出るからと言う。

出来た、出来た!
「カタルーニャ版蟹おじや」
先ほどの蟹足で、結構満足感を味わった後なのだが、美味しいものは別腹。
一口食べると、グッ、ググーッときて、文句を言わさせてくれない味わいである。
濃いな〜、この味!
凄い濃くの深さだな〜!
それにしても、イカが柔らかい!
足は硬くて食べられないと言っていた深海のイカが、こんなに柔らかなの?とビックリするぐらい柔らかい。
そして、エビの美味しいこと!
ご飯の旨味はもう蟹様様である。
途中でフォークを止めたら、お腹が一杯で食べ残すことになる…
これは勿体なくて、嫌だ〜!、って、イッキに話もせずにかき込んでしまった。

が、案の定、大鍋の中には残りが…。
でもこれ以上食べられない。
惜しいけど、無理…。

ところが夕方散歩から帰って来て鍋の中をのぞくと、あれれ…?
中身が殆どない。
残っていたら、もらって帰ろうと思っていたのだが、此処にも頭の黒いネズミがいるらしい(Diegoの次男の仕業!)。

ところで、この醍醐味、いや〜、豪快なDiegoならではのロマンを感じてしまうので、「男の中の男の料理!」と題したのだが、
Diegoは本当に勇壮なのである。
192cmの彼の隣にマイカが並ぶと、マイカでさえも子供に見えてくるから、可笑しい!
ただこのDiego、なんと生魚が大の苦手!
本人は魚通ぶっているのに、なんてこった。
私達が次はご馳走してあげると言うたびに、「うちの民宿にはコンロがあるから、火をいれられるよ」だって。

B-070303Arroswtmk.jpg
posted by ケイコ&マイカ at 09:05 | Comment(4) | TrackBack(2) | 徒然紀行
この記事へのコメント
喰いたい!!

でも、想像を絶する量ですな。
Posted by 田染荘@津田 at 2007年03月17日 12:32
田染荘@津田 様

そうなんです。
途中で箸?をおいたら、食べれなくなっちゃう量でした。

アア〜、旨かった!

keikoはパエリャのスペシャリスト、今度津田さんの家で作りましょうか?
旨いっすよ!

Posted by keiko at 2007年03月17日 20:38
私も食べたい!
こじんまりとしたパエリアじゃなくって

がっつりとパエリャに喰らいついたいわん☆
Posted by RINKO at 2007年03月19日 13:39
RINKO 様

パエリャパティーを開きましょう!
企画の方をよろしくね。
Posted by keiko at 2007年03月20日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3544256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

男の中の男の料理!(3)
Excerpt: ニンニクを皮ごと岩のかけらでバッシ、と潰し、鍋にいれる。 切ると、旨くない!と一言。 自家製のオリーブ油をたんまりと、なみなみ(かな?)といれ、 今まで用意した材料を炒め始めた。 2等分された..
Weblog: 欧州、PHOTOフォトFOTOで「乾ぱーい!」
Tracked: 2007-03-18 07:50

男の中の男の料理!(3)
Excerpt: ニンニクを皮ごと岩のかけらでバッシ、と潰し、鍋にいれる。切ると、旨くない!と一言。自家製のオリーブ油をたんまりと、なみなみ(かな?)といれ、今まで用意した材料を炒め始めた。2等分された蟹の頭が4個も入..
Weblog: 欧州、撮影後に「乾ぱ〜い!」、最高!!
Tracked: 2007-03-18 07:54