2007年02月02日

プチ ポワソン、ボー ポワソン!

木曜の朝なのに、8時半に電話が鳴り、「アロー」と出ると
ニースの市場の魚屋からだった。
「今朝、プチ ポワソン、ボー ポワソン!が入ったが、
コム ブー ブレ!」と、言う。

このところ連ちゃんの徹夜で、未だ頭は寝ていたが、
「小さな魚と生きのよい魚がある、あなたのお好きに」と、
言われたようだが、「早く買いに来て!」って、言われて
いる事だけは分かった。
こうゆう時のマイカの対応は素早い。
もう出かける体制が出来ている。

私は突如の電話で、素足のままサロンまで駆けつけ、
電話応対したせいか、胃が気持ちが悪く、動く気がしないで、
ぐずぐずしていると、マイカにせかされた。
「どうするの!」って、言われたって、行くしか無いのは
習慣で分かっているけど、体が言う事きかない。

市場に着くと、生シラスと大きな鯵が目に留まった。
魚屋は鯵を指差し、今朝上がったと言う。
目の生きがすこぶる良いのが分かる。
4本を選び、私達のもっと欲しそうな気配を感じとってか、
魚屋は5本目を入れた。
5匹で3000g、ってことは、1匹当たり600gもある
大物である。
今夜は鯵のたたきとおさしみかな。しかし高いな〜。
1kg、12ユーロ。旬の頃の2倍の価格にビビっていると、
1キロ、10ユーロに値引きしてくれると言う。

生シラスをたのむと、店の棚に出ているものではなく、
下からおもむろに1ケース、新しいのを取り出した。
100g、6ユーロと言う。
タッパーを2個用意して行き、満たしてもらった。
タッパーの容量を差し引いて、1300g!ってことは…。
つかの間の春先?の贅沢である。
これもまけてくれ6ユーロが5ユーロの計算になっても、
これだけ買うと、今日の持ち金では足りず、次回まで借金だ。

生シラスは磯の香りがして、美味!、勿論生でいただいた。
お醤油を掛けなくっても美味しい!のが凄い。
鯵のたたきは脂がのり、身がしまりとても美味しかった。

フランス語で、生シラスを:プーチンヌ、
          鯵を:セブロ、と呼んでいる。
posted by ケイコ&マイカ at 06:23 | Comment(7) | TrackBack(2) | やっぱり和食!お酒で乾杯!

2007年01月31日

世界中、風邪にはお燗で乾杯!

そうそう、一昨日いきなり風邪をひきそうになりました。
朝起きて、写真で作るビデオの仕事をしていたら、だんだんと鼻水が出てきて、首から背中にかけて寒くなってきて…。
しかたがないので改源を飲んだのですが、あまり効果がでず、夕方になると最悪の状態。

コンピューターの前でゴホゴホやっていると、隣でkeikoが検索したのはなんと、「世界の風邪の治し方百科」!!
いやぁ〜、なかなか面白いもんですね。
色々な国で共通した治療方法は、
1位)断トツで温めたアルコール!!

それなら、っていうことで、夕食は熱燗の晩酌になりました。

私達の燗酒は達磨正宗の三年熟成酒か、新酒の「未来へ」。
今回は三年熟成酒を熱めにしてグィーッ!
ついでだから、もう一杯グィーッ!!

これで効果覿面。
直に汗をかき出し、翌朝には、しっかり治っていました。
posted by ケイコ&マイカ at 01:01 | Comment(4) | TrackBack(2) | やっぱり和食!お酒で乾杯!

2007年01月07日

お料理に、お酒に!

いやぁ〜、今年のお正月は贅沢をしましたよぉ〜!
何が贅沢かって、とにかく貴重なお酒をバンバン開(空)けちゃったから!

開運 ひやおろし
開運 純米吟醸 祝酒
義侠 特栽米 50%(平成17年)

それから
達磨正宗 未来へ 2005年
も遂に、空いてしまった。

みんな、旨かった!

大体、クリスマスから続いたお料理づくし。
はまぐり鍋、鰻の白焼き、鰻雑炊、アサリ鍋、すずきのお刺身、すずきの降ろし煮、(鯛ならぬ)すずき茶漬け、それにお節料理。
締めくくりが甲イカの即席塩からとお刺身。
それにカサゴの煮付け。
これじゃ、ワインが隙いる余地なんてありゃしません。

でも、こちらではワインは手に入るけど、お酒は難しいから…。
残りはしばらく大事にとっておきます。
posted by ケイコ&マイカ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | やっぱり和食!お酒で乾杯!